採用情報

ホーム > 採用情報 > 先輩社員インタビュー > 後藤 企

先輩社員インタビュー

どんな仕事をしているのですか?

電車の走行に必要な電車線路設備(電車に電気を供給する為の架線や電柱の事です)の工事の設計業務(技術検討・積算)をしています。

今の仕事のおもしろさは
どんなところですか?

自分が考えて設計したものが形になるところです。 電車線設備について勉強し「こういう風になっているのか」と新しい発見があるのも面白さの1つです。皆さんも電車に乗った際に私の設計した設備を見ることが出来ます。

大変なところは?

電車線路設備は、直接電車の運行に影響を与える重要な設備の為、常に勉強と検討の日々をむかえています。

今後の目標はありますか?

今の目標は、電化工事(電車が走れるように電車線設備を作る工事)が出たら、その仕事に携わりたい。

NESCOの入社理由を
教えてください!

電車に乗る事が好き(いわゆる「乗り鉄」)である事もそうですが、皆さんが利用してくれる鉄道の仕事がしたいと考えたからです。「技術学園」があり、教育に力を入れている事も入社理由です。

休日は何をしているのですか?

・友達を巻き込んでのハードな電車旅行(笑)
・マラソンや山登り
最近は身体の事を気にしてジムに通うようになりました。

NESCOのいいところは
どこですか?

先輩方と同じですが、会社が安定している事です。去年、愛車のプリウスを買った際、ローンの審査が即「OK」になりました。

NESCOでの一番の思い出は?

工事指揮者(現場監督)の資格を取得して、岡山改良工事に携わりました。難工事でしたが、JR監督者さんを始め、協力会社の皆さん、作業員、作業責任者の皆さんの支えがあり、工事を無事出来た事が一番の思い出です。

学生の皆様に一言!

「就職したらどうなるのだろう」という期待と不安の気持ちがあるのではと思います。社会人になると「責任」が重くのしかかりますが、「やりがい」の大きな仕事をしていると私は感じています。 NESCOへの入社をお待ちしております。