企業情報

ホーム > 企業情報 > 沿革

沿革

1981年(昭和56年)6月「ナニワ電気システム株式会社」を設立
1988年(昭和63年)4月JR西日本グループ会社となる「西日本電気システム株式会社」に商号変更
和歌山支店・福知山支店・岡山支店・広島支店を新設
1988年(昭和63年)10月金沢支店・米子支店を新設
1989年(平成元年)4月福岡支店を新設
1990年(平成2年)7月大阪支店を新設
1992年(平成4年)2月株式会社ネステックを設立
1994年(平成6年)10月通商産業(現 経済産業)大臣指定の第二種電気工事士養成施設
「西日本電気システム技術学園(NESCO TECHNO SCHOOL)」を 開設
1994年(平成6年)11月大阪支店を大阪電力支店・大阪信号通信支店に分割
1995年(平成7年)12月鉄電産業株式会社(現 株式会社てつでん)を子会社化
1997年(平成9年)6月東京支社を新設
1998年(平成10年)12月営業本部においてISO9001を認証取得
1999年(平成11年)10月広島支社・福岡支社を新設
2000年(平成12年)6月東京支社・広島支社・福岡支社においてISO9001を認証取得
2001年(平成13年)4月社章変更
1994年(平成6年)5月大阪地区事務所を新築(大阪府吹田市南吹田一丁目7番1号)し、 大阪電力支店・大阪信号通信支店を移転
2002年(平成14年)6月営業本部を営業推進本部と4支社(中央・東京・広島・福岡)に分割
2002年(平成14年)10月「NESCO総合ビル」を新築(大阪府吹田市南吹田一丁目5番25号)し、 本店・技術学園を移転。西日本電気システム技術学園が職業訓練校の認定を受ける
2004年(平成16年)4月大阪電気工事支店を新設
2005年(平成17年)10月本店を新大阪に移転
大阪電力支店・大阪信号通信支店をNESCO総合ビルに移転
2006年(平成18年)6月大阪電気工事支店 大阪地区においてISO14001を認証取得
(2012年(平成24年) 認証解除)
2006年(平成18年)7月NESCO信号工事株式会社を設立
2006年(平成18年)10月株式会社てつでんと株式会社ネステックが合併し、株式会社てつでんとなる
2006年(平成18年)11月広島支社から中国支社に名称変更
岡山営業所、米子営業所、山口営業所を設置
2006年(平成18年)12月NESCO電車線工事株式会社を設立
2007年(平成19年)7月鉄道技術本部に新幹線本部を設置
福岡支店を廃止し新幹線統括支店を設置
大阪電力支店・大阪信号通信支店を統合し大阪統括支店を設置
2008年(平成20年)3月NESCO安全啓発館の設置
2006年(平成18年)4月呼称を「NESCO」に統一
2010年(平成22年)7月大阪電気工事支店、大阪統括支店を廃止し電力支店、信号通信支店を新設
2011年(平成23年)7月新幹線統括支店を福岡支店へ名称変更
2011年(平成23年)11月本店に監査室を設置
2013年(平成25年)4月福岡支社から九州支社に名称変更
2014年(平成26年)10月金沢支店 新幹線課を設置
2016年(平成28年)6月本店 鉄道技術本部及び営業推進本部を廃止し、工事本部に設置
本店に設計技術センターを設置
電力支店・信号通信支店を廃止し、京阪神支店を設置
中国支社を廃止し、岡山支店・広島支店に分散統合
福岡支店と九州支社を統合廃止し、九州支店を設置