プライバシーポリシー

サイトマップ

事業案内

ホーム > 事業案内 > NESCO技術学園 > 安全研修

安全研修

「NESCO安全啓発館」は、過去に発生した重大な労働災害や運転阻害などの事実を、時間経過の中で風化させるのではなく、貴重な経験として継承し、より安全を確立させてゆくための施設です。 平成20年4月から開設されています。

展示コーナー(NESCO 安全啓発室)

実際の事故を紹介したパネルや品物を展示。体感コーナーも設けています。

パネル展示

NESCOの重大事故

  • 死亡災害や輸送障害となった事故
  • 組織や施策の変更をともった事故

他社の事故

  • 他山の石として当社にとっても重要な事故

実物展示

事故に関係する品物

  • 電線圧縮接続端子、ファストン端子などの
     施工不良品など
  • 高所作業に関係するもの

体感コーナー

電気の作業における様々な場面での危険な状況を、安全に体感できます。

パネル展示

「高さ」を体感できるように、2mと4mに床を設け、垂直のはしごの上り下り、工具の受け渡し、工具を落とした際の状況を体感できます。

建築限界体感設備

設備が車両を接触しないように設けられた建築限界が視覚的に体感できます。また、電車線路設備、信号設備との離隔も体感できます。

低圧体感設備

電灯設備の過不可:短絡・漏電した機器の危険とそれを防止する回路などを1枚のパネルの両面に組み込んでおり、低圧回路の危険が体感できます。

高圧体感設備

耐圧試験機を利用して高電圧を発生させ、放電開始までの対アースとの距離、植物あるいは衣服等への放電現象を観察することにより、感電に至る状況が体感できます。

運搬作業時の
危険体感設備

小さくても中身が重い工具箱と、大きくても中身が軽い工具箱が並べてあり、外見だけで判断して不用意に持ち上げると危ないことが体感できます。

屋内配線作業時の
危険体感設備

ビル電気設備の工事において、コンクリートを打設する前の配筋が剥き出しになっている設備を模擬したもので、足場の悪い箇所での作業の危険が体感できます。また、天井裏を模擬した設備により狭い箇所での作業の危険が体感できます。